あなたは今、転職先を探しているのですか。

転職とはそもそも、今よりもっと幸せになるためにするものです。

社員思いの上司がDream!と描く
誰だって、社員思いで社員を幸せにする良い会社に入りたいですよネ。

では、その良い会社の見分け方を教えましょう。ズバリ、従業員満足度の高い企業かどうなんです。

これから、従業員満足度の高い企業とはどんな会社なのかを見ていきましょう。

なお、転職先選定手順の3頁目までがまだでしたらココでご確認ください。
⇒ 第1頁 転職で成功する人の特徴は?自分と会社の目的・価値観一致を重視!
⇒ 第2頁 働く意味や目的を考えることが転職活動の第一歩!
⇒ 第3頁 自分の価値観を知る方法!マッチする会社に入りたい方必見!

さらに、第4頁と第5頁はセットでご覧になると理解が深まります。
⇒ 第5頁 会社のミッションや価値観の例は?経営理念や経営方針に記載!


従業員満足度高い企業が、社員を幸せにする良い会社

転職先選定で大切なことの一つとして、いい会社に入れるかどうか。できれば、誰だって社員思いの良い会社に入りたいですよね。

という訳でこの頁では、社員思いの良い会社の見分ける方法を見ていきましょう。

では、社員思いの良い会社の見分け方は、従業員満足度の高い企業かどうか!

ズバリ、結論を言ってしまいました。

その理由は、従業員満足度高い企業の場合、一般的にミッションや価値観が全社で共有されています。そのミッションや価値観の内容がお客様と社員思いなんですね。


まず、あなたが知ることは2つ。会社のミッションとバリューです。

◆ミッション...企業が社会において成し遂げたいと考える役割。企業として目指す究極の目的。使命。

◆バリュー(価値観)...ミッションを元に描いたビジョンを、実現していく上での経営者・全社員に共有する考え方、心構え。

もう少し具体的に言いますと、従業員満足度高い会社は、企業理念等に書かれているミッションやバリューを、全社で共有しています。

では次章で、会社にとってミッションがいかに従業員満足度を高め、社員思いなのかをお話しますね。


会社にとってミッションは大切

この章では2つのことをお話します。

・会社のミッションとは
・従業員満足度高い企業は、ミッションを大切にする


会社のミッション

これから、会社のミッションについて掘り下げてみていきましょう。

まず、世界中に数え切れない程ある会社は、何のために存在するのでしょうか?
企業には「やらねばならぬ役割・存在意義」が必ずあるはずです。それがミッション。明確なミッションがあるからこそ、今も存在しているのでしょう。

では具体的に企業のミッションとは何でしょう?

会社のミッションを指し示す男性社員
社会も人々の生活も変化し続けています。企業にとっての市場も変化しています。規模の増減や消滅など。

そんな変化する社会の中では、いま存在する市場だけに提供する顧客満足ではとても不十分ですね。

そこで企業としては、まだ市場となっていない人々のニーズ(目的)をも満たすため、具体的な商品・ウォンツ(手段)を提供して新しい市場を創り出し続ける事が大切。

つまりドラッカーが言うように、企業のミッション(目的)は、顧客の創造!

コレがドラッカーと筆者が考える企業のミッションです。異論がある方もおられるでしょう。それも価値観の違いといったところでしょう。

会社のミッションが分かったところで、次はミッションの重要性をご一緒に見ていきましょう。


従業員満足度高い企業は、ミッションを大切にする


全ての企業において、ミッションは顧客の創造で不変のハズなのです。

いわゆる良い会社の一番考えていることは、「どうやって売上や利益を出すか」ではなく、「顧客ニーズを満たすにはどうするか」で共通です。

お客様に真心を提供する営業マン
もっと良い会社は、会社が掲げるミッションという大テーマに全従業員が共感・共有できて、その実現のため日々の仕事ができるとしたら従業員満足度は最高でしょう。勿論企業業績も好調でしょう。

逆に、ミッションがない会社や良いとは言われない会社が目指していることは、売上や利益だなんて話はよくありますよネ!その結果は...苦労の割には売上や利益がイマイチなんて話、よく聞きますね。

以上のお話で、ミッションの重要性がお分かりいただけたでしょうか。


ご参考までに言うと...売上や利益って、企業が存在し続けるための単なる基準(条件)なんですヨ。多くの会社では条件が目的化しているわけですね。


従業員満足度高い企業は、価値観も大切にする

ミッションの実現はなかなか困難を伴うもの。そこで登場するのが価値観!

価値観とは、ミッション実現のため、お客様に提供したいと考える価値や考え方!

価値観の違う二人が向かい合う
ですから会社経営上、全社員が共通の価値観を持つことも必要です。会社には社長のほかに役員や社員がいるので、全員が「社長の考えていること」を共有し理解できないと企業の成長はありません。

ところで一般的に、社長の思いや価値観である「経営理念」を、企業全体の価値観へ進化させたものが会社の「企業理念」。

ミッションおよび価値観は、経営理念や企業理念上に表現することで全社的に共有・実践され、会社は飛躍的に成長して発展していくわけですネ。

会社の価値観はとても大切だってことがよく分かりますネ。

もちろん、社員が日々満足して働けているのが最高ですね。従業員満足度が高く、社員が日々幸せも感じられる会社こそ、あなたの目指したい会社ではないでしょうか!

ミッションや価値観の存在場所(経営理念など)をもっと具体的に知るにはコチラをご覧ください。
⇒ 第5頁 会社のミッションや価値観の例は?経営理念や経営方針に記載!