退職を決断してから今日まで頑張ってきて、転職したい会社を見つけたのですね!?

その会社の面接日は決まりましたか。それともこれから応募するのですか?

いずれにしても、転職先でやりたい事を実現させるためには、面接での退職理由の答え方がとても大事なんですヨ!

とてもエネルギッシュなあなたのことですから、内定をもらい採用されたら、今までやりたくてもできなかった仕事に全力で取り組みたいでしょう。

これから、そんなあなたの最後の作業!面接で面接官が納得してしまう退職理由の答え方を学びます。

面接官と質問に答える求職者
この頁に書かれていることが実践できたら、あなたの転職先選定作業は完了します。最後まで頑張って参りましょう!


面接官がなぜ退職理由を聞くのか

面接の際、退職理由の答え方がとても重要です。だからこそ、私も面接官として退職理由は必ず聞きますよ。

質問する面接官
ではなぜ退職理由を聞くのでしょうか?

それは2つの理由からです。

◆1つ目、転職を繰り返す人は、毎回同じ理由で辞めているため

文字通り、退職の理由を聞きます。退職の理由を聞くだけで、納得のいく理由か再び退職しそうかがほぼ分かります。

採用されたら長く勤めてもらいたいですが、また同じ理由で辞められたら双方が不幸になりますからね。。

◆2つ目、あなたの働く目的や価値観を知るため

1つ目の理由で、納得のいく理由なら採用後再び退職はないことが確認できます。

それだけでなく、会社としてはさらに高みを求めます。一緒に会社の発展のためと本人の目的実現のためにも、長く頑張ってほしいと考えます。

そのため会社も価値観マッチングして、あなたが何を実現したいかや人間性を知ることで、会社が求めている人物像に合っているかを確認します。
⇒ 第1頁 転職で成功する人の特徴は?自分と会社の目的・価値観一致を重視!

面接官にとって、それ程までに退職理由の答え方が重要!勿論、あなたにとっても重要!

ところで、退職理由はほとんど後ろ向きです。でもあなたの答え方一つで、面接官に与える印象が180度変わることがありますよ。

いままで面接官の立場で考えてきましたが、次章では求職者の立場で、退職理由の具体的な答え方を見ていきましょう。


退職理由の答え方は、転職理由として話すと面接官が納得する

退職理由の答え方には「悪い答え方」と「良い答え方」があると言えましょう。

◆悪い退職理由の答え方は、退職理由をそのまま答えるので、大体後ろ向き。面接官にも条件等の不満があったので辞めたと伝わります。

◆良い退職理由の答え方は、退職理由ではなく、転職理由として答える。前向きに変わります!

やる気満々の求職者
転職理由とは、退職の理由+転職先で実現したい内容とその考え方・・・コレ第1章で説明した内容と同じですネ~

そうなんです。面談官の質問する理由(求める模範解答)と転職理由としての回答内容(正解)が同じ。つまりあなたはテストの前に、問題と正解を知っているようなものです。いい事を知ったので面接に行くのが楽しみになってきましたネ!

ではここで、あなたの働く目的や大切にしている価値観を含めた退職理由の回答例をご覧になってください。実際はもっと具体的にかつ正しい敬語で記述してください。

自分は、今の会社では何が何でもやりたい仕事が実現できませんでした。そこで長年にわたって、今の会社で希望を叶えるため様々な努力や働きかけをしてきましたが力が及びませんでした。

退職の理由は、自分と会社の方向性や価値観が一致していなかったためです。

方向性や価値観は、自分にとっても、会社にとっても大切なものです。

ですから、会社が経営理念にあるミッションや価値観を簡単に変えることはありえません。

また自分にとっても、自身の信条を曲げてまで今の会社で働き続けることは、自分にとっても会社にとっても不幸な結果につながります。

ならば、退職の道を選ぶしか方法はないと考えました。


御社なら自分の方向性や価値観ともベストマッチしているので、仕事をするには最高の職場と考えられます。

もし御社に入社できたからには、今までやりたくてもやれなかったことを実現し、少しでも御社の発展に寄与したいと思います。


自然と前向きな良い回答に変わります。転職後はいきいきと働いて活躍できそうな良い印象を面接官に与えるでしょう。ただ、この文章をそのまま実践で使わないでくださいね。

「辞めた理由」ではなく「面接時にも堂々と言えるような前向きな転職理由」に変えると、あなたの意気込みも変わります。ぜひ転職を成功させましょうね。


嘘はダメ!正直に話す

退職理由を述べる際は、正直に話すことが大切です。嘘はダメですよ。

退職理由は人それぞれの考え方や感じ方があるので、世間に出回っている退職理由の例文をそのまま言っても、何の説得力もありません。

また嘘を駄目、たまたま嘘をついてもいずれ分かります。嘘ではなく自分の言葉で正直に話そうとする姿勢が、面接官からは好印象に映ります。

変に格好つけたり隠したりせずに自分で考えて話すようにしましょう。


転職の成功失敗はあなた次第!面接の主体者はあなた

最後になりました。退職理由の答え方として、注意していただきたい立場についてお話します。

部屋には面接官とあなたがいます。

よく会議の最中に、今ボールを握っているのは誰?と確認する人がいます!物事を前進させるためには、ボールを握っている人が行動を起こせばいいし、ボールを握っていない人はその時まで待てばいい事を知っているからです。

ズバリ、面接時ボールを多く握っているのは、あなたです!あなたが主体だから、あなたが行動を起こせ!

シツコイかもしれませんが、あなたのための面接ですから、面接の主体者としての自覚と自信を持って、面接官に良い作用を及ぼしてくださいね。

つまり、面接の成功・失敗は、ほぼあなた次第!

では、面接で成功させるには具体的にどうするのでしょうか?

あなたが面接の主体者ですから、あなたが事前に面接サクセスストーリーを描けばいいのです!
(立場が違う面接官がいくら頑張っても、面接サクセスストーリーは書けません)

成功に向かってジャンプする男性
あなたが職場を変えることを通じて、「何を実現したいか」とか「何故この会社でなければならないか」をストーリーにする。その積極的なアピールに面接官も人間、きっと心を打たれます。(ただし必ず合格という訳にはいきませんが。。)

面接サクセスストーリーが書けたら、当日気持ちを込めてボールを手渡せばいい。それを面接官が受け取ります。後日、会社が下す判断を只々待ちましょうネ。


長い文章にお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。

とてつもなくエネルギッシュで前向きなあなたならきっと転職は成功します。あなたが成功するよう心よりご祈念いたします。